2011年09月05日

初めてのサドル&ナット製作

日曜日にYAMAHA CGX-171CCAのサドル&ナットを水牛の物に交換しました。
金曜日に突然ヤマハの4弦が切れたのでいいチャンスです!
(ノ^_^) ハイ!

最初にこれだった物を

CA3H0082.JPG

のこぎりで大体の大きさにカットしたのですが、
最初に買ったのが「ピラニアのこぎり」



刃も細いしよく切れそうだと思ったのですが、
太い水牛の角を切ると途中で切り口が曲がってきたり(技術の問題かも・・・)
摩擦で刃が動かなくなったり(油を差しながら切ることでなんとか解決)

切断するのにかかる時間も長く何か他にいいのこぎりは無いかと思い、
近所のホームセンターに行っていろいろ見てみました。

たくさんあってどれが良いやらわからなかったのですが、
水牛の角がかなり硬いこともあり木工鋸は候補から除外、
糸鋸は家にあったもので試したときすぐに鋸刃が折れてしまったので除外、

頑丈そうで硬いものでも切れそうなこれにしました!



こののこぎりがとてもよく切れて感動です!
水牛の角と相性がいいのかピラニアのこの5倍ぐらい早くしかも真っ直ぐ切れます。

水牛の角を切る方にはおすすめです!(あまりいないと思いますが・・)


ともかく、何個か程よい大きさにカットしたものができたので、
YAMAHA CGX-171CCAの純正の大きさを測りその大きさに削ってゆきます。

CA3H0088.JPG

クラシックギターのサドルは細いので平行に平らに削るのは大変でした。
(;^_^A アセアセ・・・

紙やすりを木片の上においてひたすら削ります。
のこぎりの切れ目がガタガタなので、かなり粗い目からスタートです。
60番〜120番〜240番〜400番〜800番〜1000番
大変です。

特に大体の厚みに持ってゆくまでが大変でした。
60番で削っても時間がかかってしかたありません、
そこでまたホームセンターに行っていいものは無いか物色です。

そこでいい物を見つけました!



カンナとヤスリをあわせたような商品で
バイスにはさんで削るとガンガン削れます!
(≧∇≦)b OK!

道具は大切ですね〜

厚みを測りながら削ります。

CA3H0091.JPG

CA3H0090.JPG

ナットもネックにおいて隙間が無いように削りました。

CA3H0092.JPG

弦間の幅は元のナットを元にしてナットファイルでけがき線を入れます。

CA3H0093.JPG

ネックにはめた状態で1フレットの弦高を見ながらナット溝を切ってゆきます。

CA3H0094.JPG

今回はナットを接着しませんでした。最初ですから失敗しそうですし、ナットの形状もいろいろ試してみたかったからです。


最後にサドル&ナットをコンパウンドで磨きます。
使ったのは車用のコンパウンドです。



出来上がりです!

CA3H0089.JPG

CA3H0095.JPG

うーんぴかぴかです!いいですね〜
O(≧∇≦)O イエイ!!

特にナットは黒くない部分を使ったのでまるで鼈甲のような美しさです!

CA3H0098.JPG

サドルは仕上げる前にピッチ調整をしてみようと思ったのですが、この細さではあまり影響はなさそうです。
実際ピッチを測って見ましたがどの弦もあまり変わりません。
なのでテンション重視で全部ブリッジ寄りに仕上げてみました。

弦高も今までより下げて調整、最終的に6弦12Fで3o、1弦2,6o

CA3H0099.JPG


そして肝心の音色ですが・・・

クラシックの弦は張ってから2〜3日しないと落ち着かないのでなんともいえませんが、
音色はいいかもしれません、上品な感じになったような気がします。

張った弦はダダリオプロアルテ




前に張っていたのがハナバッハですから音は違って当たり前です。
音の響きの違いがわかればいいのですがそんなによい耳はもっていないので、
よくなったかどうか正直よくわかりません・・・
(TωT)ウルウル

弦高のバランスはあまりよくないようでまた調整しなくちゃいけません、
そして1日経った今日よく見てみると大変なことが起きていました!

ナットと指板の間に隙間があったのです!

CA3H0101.JPG

昨日の段階では隙間は無かったように見えたのですが、弦の張力が作用したのでしょうか隙間が空いてます。
「(≧ロ≦) アイター・・・

ちょっと削りすぎたみたいです・・・
見た目はきれいで良かったのですが、隙間があいては使えません・・・
(TωT)ウルウル

まあ初めてのナット&サドル製作ですからしょうがないですね、
水牛の角はまだたくさんあるのでたくさん作って納得のいくものを作りたいと思います。




posted by シーグラス at 20:51| Comment(9) | ・ギター調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

オギヨディオラの動画撮りました

久しぶりに動画を撮影しました!
(ノ^_^) ハイ!

1998年田中麗奈初主演の映画「がんばりまっしょい」の主題歌で、
Lee Sang Eunさん作曲の「OGIYODIORA/オギヨディオラ」です。
映画もを見たのですが凄くいい映画です。

アレンジは田嶌 道生さん「CDで覚える カフェで流れる ギターソロ曲集 」です。





3ヶ月ほど練習してこんな感じです。
相変わらずミス無しでは弾き通せませんでした・・・
(TωT)ウルウル

chibiさんと今日撮影すると決めていたので、良い区切りになりました。

このアレンジはスライドの部分を除いて3フレットしか使いませんが、
けっこう運指が難しく試行錯誤してこんな感じで落ち着きました。

アンフィニのチューンから帰ってきたときのままの弦を使いました。
多分ディーンマークレイだと思います。
艶のある音がしていいですね〜
(≧∇≦)b OK!

音量もあがり、音に腰が出たような気がします。
どうでしょう?

クラシックギタースタイルにギターを左足にのせる弾き方に変えてみたんですが、
まだ身についていないのか背筋が伸びきってないですね〜
鉄弦のギターだと見た目もいまいちかも・・・
でも姿勢よく弾いていると疲れずらく、両手ともリラックスするので調子はいいです。
(ノ^_^) ハイ!


田嶌 道生さんのお手本演奏がナイロン弦だったので、今度YAMAHA CGX-171CCAでも撮影してみようかと思います。
posted by シーグラス at 20:32| Comment(0) | ・You Tubeで発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

nut making kit届きました!

8月17日の夜に注文していた。Essential Nut Making Tool Kit
が26日にSTEWMAC.COMから届きました!
O(≧∇≦)O イエイ!!

CA3H0084.JPG

左から・ナットサドル整形用バイス・ナットミゾ測り・シクネスゲージ・のこぎり・やすり2種類・ナットファイル4本です。

ナットファイルのサイズは0.012" / 0.020"、 0.026" / 0.032"、 0.036" / 0.042"、 0.050" / 0.060" です。

バイスはかなり小型で手のひらサイズですが、手で押さえるよりはぜんぜん安定が違います!
いままで黒水牛の角を削りだすのに30分ぐらいかかっていたのが5分でできました!
d(>_< )GOOD!ベリーね!

もっと大きいバイスを買ってそれで固定したらもっといいかもしれません。

STEWMACの動画でもそうやって使ってました。



これからいろいろ使いながら試してみます。
(ノ^_^) ハイ!

このセットで$195.24です。

いまなら円高なので、15000円ぐらいです。
送料込みで18000円ちょっと、
いろいろばらばらに買うよりは安いような気がします。

いつかはギターキットを買って自分でギターを作ってみたいですね。
(ノ^_^) ハイ!



posted by シーグラス at 11:53| Comment(3) | ・ギター調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

DIY

前からやろうやろうと思っていた
ナットとサドルの製作に取り掛かってみました。
(ノ^_^) ハイ!

Furch G23CMCTはプロにやってもらったので、
YAMAHA CGX-171CCAのプラスチック製のサドル・ナットを牛骨にしようと思ってます。

インターネットで牛骨のサドル・ナットをいろいろ検索してみると
だいたい一個500円ぐらいします。黒水牛は倍ぐらい、象牙はさらに倍ぐらい・・・
高ければいい音がするというものでもないでしょうけどね。

最初は失敗するでしょうし、もし何回も失敗したら何千円もかかります。
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

そんなことを考えながら先日近所のリサイクルショップに行っていろいろ見てみると、
水牛の角の置物が2000円ぐらいで売っていました!
これはいいかもしれないと思い、そこでは買わずにまたインターネットで検索してみると、
水牛の角の置物がけっこう安く売っています。

丸ごと一頭分の角があればサドル・ナットが何セットとれるか?
う〜ん、よくわかりませんが、お得なのは間違いなさそうです。

置物だと中身がスカスカな部分もあるみたいなので、
いろいろ探してとうとう買ってしまいました!

CA3H0082.JPG

10本で千円です!
O(≧∇≦)O イエイ!!

でもって早速加工してみたのですが・・・

大変です・・・
硬いしなかなか切れません・・・
(TωT)ウルウル

CA3H0083.JPG

ここまでカットするのに1時間ぐらいかかりました。
( ̄ρ ̄)ハゥゥゥ

まだバイスもないので、手で固定してのこぎりで切ったのですが、
能率が悪すぎます。

いきおいで買ってみたのはいいけれどこれは大変そうです。
ちょっと考えなければいけませんね。
道具もいろいろ揃えないとです。

でも週末の楽しみが増えました。
posted by シーグラス at 18:44| Comment(10) | ・ギター調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

凄い人はたくさんいるんですね

先日、リンクさせていただいている
「四十路、丙午おやじの音楽談義」
を拝見していたところ凄くギターが巧くて声の良いミュージシャンが紹介されていました。
w(°o°)w おおっ!!

古澤剛(ふるさわ たけし)とおっしゃる方で、
1983年生まれで大分県出身のミュージシャンです。

この動画を見たときに「すげー」って思いました。



声がいいですね〜
渋い!
ジーン...(≧ω≦。)

気になってYoutubeのチャンネルを見てみてさらに驚きました。
動画の投稿数が404です!

オリジナルでも良い曲を歌っています。



まだデビューしていないということが信じられません。
(」゜ロ゜)」 ナント!!

いろいろ動画を見ていたのですが、
ビンテージ物のマーチンやギブソンを弾きまくってます!
うらやましいですね〜

来年当たりはラジオやテレビで彼の歌声が聞こえているんでしょうね。
(ノ^_^) ハイ!
posted by シーグラス at 19:43| Comment(3) | ・ギター動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

ハナバッハ

先週、YAMAHA CGX-171CCAの弦を
ダダリオからハナバッハに変えました。
(ノ^_^) ハイ!



以前使ってたときの印象が良かったので、
また張ってみました。
悪くは無いのですが、D'AddarioEJ-45の艶のあるぷりぷりした音に比べると、
かなりあっさりしている感じです。
D'AddarioEJ-45はクラシックギターの弦にしてはかなり寿命も長かったし値段も安いので
またしばらくしたら戻してみるかもしれません。



でも他にも評判の良い弦があるようなので、いろいろ試してみるかもです。
2ヶ月に一回弦を交換するとして、
年に6種類試せます。

Furch G23CMCTはエリクサーが一番良い感じです。寿命も長いし音もきらびやか、



コストパフォーマンスがいいのでしばらくはこのまま使ってそうです。

クラシックギターの弦もこれだっていうのにめぐり合えるといいですね。
posted by シーグラス at 14:28| Comment(2) | ・ギター調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

リペア完了!

アンフィニカスタムワークスさんにお願いしていた
Furch G23CMCTのリペアが完了したので受け取りに言ってきました!
O(≧∇≦)O イエイ!!

6月頭に予約をお願いして、7月17日に引渡し、本日受け取りとなりました。
最初のメールから約2ヶ月弱でできました。人気のあるリペアショップですからもっと待つかと思ってました。

リペア内容はボルトオンジョイントが緩んでいたので締め直し+フルチューン(サドル、ナット製作、フレットすり合わせ、ネック調整、ブリッジピンフィッティング、弦高調整、トータルセットアップ)です。
(ノ^_^) ハイ!

今のところピックアッピを取り付ける予定が無かったので、生音のきれいな響き重視のセッティングをお願いしていました。

結果、プレーン弦の音が太くなり音量も少し上がったみたいです。
サスティーンもきれいで伸びがあります。
(≧∇≦)b OK!

ネックのゆるみがなくなったのとフレットすり合わせのおかげでネックがまっすぐです!

CA3H0079.JPG

かなり弾きやすくなりました。

ナットもサドルもぴかぴかです。

CA3H0076.JPG

CA3H0080.JPG

弦の巻き数も忘れないように写真を撮っておきました。

CA3H0074.JPG

弦はディーンマークレーです。
この弦は初めてなので、いつも使っていたエリクサーに張り替えたら
もっと音の違いがわかるかもしれません。


生まれ変わったFurch G23CMCTで練習のモチベーションも上がりそうです!
(ノ^_^) ハイ!
posted by シーグラス at 21:07| Comment(4) | ・ギター調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

かっこいい!

先日ネットサーフしていたら
かっこいいミュージシャンを知りました。

オーストラリアのジョン・バトラー・トリオです。
やっぱりこの人たちも有名なんですね、
私はぜんぜん知りませんでした。
o(T□T)o

フジロックフェスティバル2010の映像を見てほれました。



弾いてみたいですね〜
12弦ですね、6弦だとどうなんでしょう?

それにしてもかなり盛り上がってますね、
ギターインストでここまで盛り上がるとは凄い!
posted by シーグラス at 12:00| Comment(7) | ・FURCH日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

超絶テクニシャン

先日、chibiさんに山下和仁さんというギタリストを教えていただいて
さっそくYoutubeで見てみたのですが、
凄い、巧い、早い!

この方のことを知らなかったのでいろいろ調べてみると
凄い人なんですね、

8歳からクラシックギターを始め
16歳の時には世界3大コンクールで優勝、
というぐあいに世界的に有名な方だったんです。
w(°o°)w おおっ!!

ギターを弾くたたずまいも鬼気迫る感じです。
集中力が凄そうですね、

なんでも父親からギターを習ったということですが、好きな曲だけ弾かせていたらしいですね
8年間の練習で世界のトップにたつというのは凄すぎます!


いくつか動画を載せておきます。






その道を極めた人でなければだせないオーラがにじみ出ているようです。
生演奏が聴いてみたい!

まずはDVDあたりを購入しようかと思っています。



世界には私が知らない凄いギタリストがまだまだたくさんいそうです。

posted by シーグラス at 12:00| Comment(2) | ・ギター動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

暗譜できない!

6月頭から練習を始めた「オギヨディオラ」
1ヶ月ちょいで280回ほど弾いたのですが暗譜ができません。
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

TAB譜を見ながらなら弾けるのに覚えていないのです。

今までは1ヶ月ぐらいすると自然と覚えていたのですが、
TAB譜慣れしすぎたのか覚えようとしないと覚えられなくなってきたようです。
(TωT)ウルウル

posted by シーグラス at 13:11| Comment(2) | ・アコースティックギター練習記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。