2011年09月09日

Furch G23CMCT弦交換

最近はヤマハを弾く機会も増えたので、フォルヒの弦は弾き終わった後ペグ2〜3回転ぐらい緩めていました。

昨日フォルヒを弾こうと思いチューニングをすると、いやな予感はしていたのですが、
はたして3弦が「バインッ!」と切れてしまいました。
o(T□T)o

フォルヒのブリッジピンはわりとゆるいので、弦が切れたいきおいで一緒に外れてどこかに飛んで行っちゃいました!
o(ToT)o ダー

5分ほど探したらソファーの下で発見!
よかったよかった。
(^m^ )クスッ


今回は久しぶりにちゃんと弦交換してみようかと思います。
(ノ^_^) ハイ!

ジョンピアーズにしてみようかとも思ったのですが、エリクサーの買い置きがあったのと、
アンフィニのチューンナップをした後、いつも使っているエリクサーにしたら違いもわかりやすいんじゃないかと思い今回もエリクサーをチョイスしました。
(⌒^⌒)b なるほど


・まずは弦を完全に緩めてペグから弦を外します。
 (私はいつも弦を切らずに外してます。)

・ブリッジピンを抜き弦を外します。
 (ブリッジピンがきつくて外れないときは、サウンドホールから手を入れて、
  ブリッジの裏からピンを押し出しています。)

ここから各部のクリーニングです。

・フレット磨き用プレートと銀磨きクロスを使ってフレットを磨きます。





CA3H0102.JPG

以前はマスキングテープとピカールでやっていたのですが、
この方法にしてからかなり時間が短縮できました。
(≧∇≦)b OK!

ついでにペグ周りの金属部分も軽く磨いておきます。


・次にDr.DUCK'S ギターワックスで指板とブリッジを磨きます。



CA3H0103.JPG

CA3H0104.JPG

このワックスはかなり油っこいので、キッチンペーパーに適量とって使います。
木材を潤わせるようにたっぷりめに塗り広げながら汚れも浮き立たせていきます。


・次にレモンオイルで余分な油分を拭き取ります。



CA3H0105.JPG

CA3H0106.JPG

レモンオイルはさらさらしていて拭き取りにはちょうどいいのです。
ウエスに適量染み込ませて拭いて行きます。
(ノ^_^) ハイ!


・次にマーチンギターポリッシュでボディーを磨きます。
 クロスに適量吹きかけてやさしく磨いてゆきます。
 普段拭きずらいサウンドホールとブリッジの間なども丁寧に磨きます。



CA3H0107.JPG

ボトルのデザインが変わってるみたいですね、私が買ったのは10年以上前なので当然といえば当然です・・・

レモンオイルもそうですが、一回買うと使い切るまでに相当な期間がかかると思われ、
他にいいものがありそうでも、もったいなくて試したくても試せないです。
何かいいものがあったら教えてください。

ヘッド周りも普段は弦が邪魔して磨けないのでここぞとばかりに磨きまくります。
(≧∇≦)b OK!

CA3H0110.JPG

バックもぴかぴかです!
O(≧∇≦)O イエイ!!

CA3H0111.JPG


クリーニングも終わったところで、弦を張りましょう!

交換する弦はエリクサーのライト16052
(ノ^_^) ハイ!



私はいつも6弦から順番に張ってゆきます。
フォルヒのブリッジピンはゆるいので、ボールエンドの位置がしっかりしていないと後でずり上がってきたりしますから、サウンドホールから手を入れてボールエンドの位置をしっかりとあわせています。そしてペグポストに巻きます。

CA3H0112.JPG

3弦まではなんとか手が入るのでそのまま張って、1,2弦はとりあえずブリッジピンのところでとめておいてその後ペグポストに巻いてゆきます。
(文章にするとわかりにくいですね、写真撮るの忘れてしまいました・・・)


完成です!

CA3H0113.JPG

手をかければかけるほど音も良くなるような気がしますね〜
実際プロのリペアマンに調整してもらった後ですから、本当に良い音です。
まとまりがあって艶があり芯が太くなったような感じです。
高音もキンキンした感じが取れてマイルドに、低音はさらに輪郭がしっかりしたみたいです。
弦高も程よく、弾きやすくなりました。

エリクサーのシャリシャリした倍音多めの音が上品に聴こえます。
d(>_< )GOOD!ベリーね!

今度はジョンピアーズにしてみようかな〜
posted by シーグラス at 17:12| Comment(2) | ・ギター調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
シーグラスさんもDr.Ducks愛用してたのですね。クリーニング方法を読んでると私の手順とは違ったのでちょっと不安になってきました。そういやギターのクリーニングの手順や方法ってきちんと調べたこともなく適当にやってましたw

私は指版はオレンジオイルだけ使ってたんですが最初にDr.Ducks塗ると違うもんですか?今度試してみたいと思います。

しかし良いですねフォルヒ。先日銘記の音っていういろんなアコギの生音を収録した本を買ったのですがその中ではフォルヒの音色が一番と言っていいほど好みでした。

あ、それとFC2のアドレスを記入してるとコメントが出来ないんでしょうかね?何度もはじかれました^^;
Posted by gonta at 2011年09月17日 20:18
gontaさんこんばんは〜

私も正確なやり方は知らないんですが、
Dr.Ducksをたっぷり塗った後何時間か置いて指板にオイルを染み込ませてから拭き取るらしいのですが、
時間もかかるしその方法はたまにするぐらいで、今はオイルで汚れを浮かせて取り、指板をある程度潤わせて、さらに拭き取りのときオイルがなかなか拭き取れないのでレモンオイルで拭き取るときれいに拭き取れるんです。
いろいろ試してたらこうなった感じですね、
指板の汚れも取れるし、滑らかになるしいい感じですよ。
Posted by シーグラス at 2011年09月18日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。