2011年06月19日

D'Addario(ダダリオ)EJ-45に交換

最近はクラシックギターばかり弾いているので、
先週弦を交換してみました。

今回試した弦はD'AddarioEJ-45です。



いわゆるプロアルテと呼ばれる弦です。
音質はプリッとしていて艶のある音ですね、
いい感じです。
(≧∇≦)b OK!

他の弦と比べるとテンションが低い気がします。

プロアルテにはコンポジットという種類もあるようで
巻弦と3弦が変わった素材で出来ていて寿命が長いらしいです。
奇異愛があったら試してみようかな。
posted by シーグラス at 12:00| Comment(2) | ・ギター調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回はダダリオにしたんですね^^
私も先週ダダリオがびよぃ〜んて切れました(笑
なので早く弦交換をしてあげたいところです。

サバレスに比べたらテンション低目だから最初はちょっと違和感あるかもしれませんね^^
Posted by vesta at 2011年06月21日 21:44
vestaさんこんばんは〜

何もしてないのにぴよーんって切れるとびっくりしますよね、
サヴァレスもうちょい持ちそうだったのですが、プロアルテにしてみました、
プリプリノ音だったのですが、1週ほどでぷりぷりがなくなってきました、

サヴァレスのほうがからっとした軽い音が長持ちしていた気がします
Posted by シーグラス at 2011年06月21日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。