2011年10月30日

クラシックギターのコンサート

鎌倉芸術館で行われた村治佳織さんのコンサートに行ってきました。
(ノ^_^) ハイ!

コンサートホールに行くのは初めてだったのですが、
その雰囲気だけでもわくわくしてきます!

1500人収容の大ホールが満員です!
w(°o°)w おおっ!!

CA3H0162.JPG

コンサートはリチャード・ヨンジェオニールさんというヴィオラ奏者とのアンサンブル中心でした。
生でヴィオラの演奏を聴いたのは初めてでしたが、迫力のある音色に感動です!

村治さんのソロは「カヴァティーナ」や「タンゴアンスカイ」など知っている曲もあって演奏もすばらしかったです。
O(≧∇≦)O イエイ!!

使っているギターが気になってコンサート中もずっとオペラグラスで見てみたのですが、私の少ない知識では特定できませんでした、
ネットで「村治佳織使用ギター」で検索すると「ロマニリョス」とでてきました。でもクワガタムシのようなヘッドデザインからすると「スモールマン」のようにも見えます。表板はシダーのようです。
なんにせよとても優しい良い音でした。
(ノ^_^) ハイ!

posted by シーグラス at 20:31| Comment(2) | ・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

ラティスブレイシング

自分でギターを作ってみようと思い
いろいろ調べていたら面白い動画を見つけました。



この構造のギターではグレッグ・スモールマンが有名ですが、
弾いたことがないのでどんな音がするのかわかりません。

どんな構造のギターを作ろうか思案中なのですが、まだまだ悩みそうです。
posted by シーグラス at 17:08| Comment(2) | ・ギター製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

バイス付き万能工作台

先日GREAT TOOLバイス付き万能工作台を購入しました!
(ノ^_^) ハイ!

CA3H0154.JPG

近所のホームセンターにいったら1980円で売っていたので買ってしまいました。

これに小型バイスをはさみつけて使うと安定感抜群でいい感じです。(写真の状態)
(≧∇≦)b OK!

早速、水牛角を切り出してみましたがかなり調子がいいです。
だいぶ能率がよくなってきました。最初は手で持って切っていたのがうそのようです。
ププッ ( ̄m ̄*)

ついでにYAMAHA CGX-171CCAのナットとサドルを交換しました。これで3回目。
前回は弦高を低くしすぎたのと、5弦6弦を締めるときにピキピキと音がしてチューニングが上手くできなかったので、その辺を踏まえて製作しました。

前回は
6弦12フレット:2,9ミリ
1弦12フレット:2,5ミリ
スチール弦ならまだ高いと思う弦高ですが、ナイロン弦でこのぐらい落とすと高音側に力がなくなってしまい、音の張りもなくなってしまいました。

今回は
6弦12フレット:3,7ミリ
1弦12フレット:3,4ミリ
1ミリ弱上げてみましたが、そんなに弾きづらくもなく音の張りも戻ったような気がします。
この違いは単純に弦高が原因ではなく、サドルが高くなったことで、タイブロックからサドルにかけての角度がきつくなりテンションが少し上がったのも要因でしょうか。

ピッチ調整もしてみたのですが、サドル上面を削る方法を何も考えずに適当にやってしまったので仕上がりがガタガタになってしまいました。
「(≧ロ≦) アイター・・・

ナットのピキピキは、5弦は鳴らなくなりましたが4弦がまだダメです・・・
大き目のファイルで削り、800番〜1000番で溝を滑らかにしてみたのですが、まだなにか足りないようです・・・

角度なのか、接触面積なのか、今後の課題です。

今回も前回も同じ弦で調整をしたので、弦が完全に死んでしまいました。今度交換です。

それにしても、涼しくなったおかげで作業中もあまり汗をかかずにまりました。快適です。
posted by シーグラス at 23:26| Comment(4) | ・ギター調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

メイキング・マスター・ギター購入

先日「メイキング・マスター・ギター―ギターの名器とその製作方法詳説」を購入しました!
(ノ^_^) ハイ!



ギター製作の本をいろいろ探していたときに唯一日本語訳されていたのがこの本で、
カスタマーレヴューも良く、かなりお高いのですが購入しました。

クラシックギターの製作方法とアントニオ・デ・トーレス、サントス・エルナンデス、ヘルマン・ハウザー、イグナシオ・フレタ、エルナンデス・イ・アグアド、ダニエル・フレドリッシュ、ホセ・ロマニリョスなどの名だたる名工の図面や解説などで構成されています。
(⌒^⌒)b なるほど

CA3H0153.JPG

白黒ですが写真や図面が数多く掲載されていてわかりやすいです。
なんといっても日本語なのがいいですね〜
(^m^ )クスッ

400ページを超えるボリュームで読み応えもバッチリです。
内容もかなり濃いように思います。

CA3H0152.JPG

1回目にさらっと流し読みしたときはすぐにでも作ってみようかと思ったのですが、2回目にじっくり読んでみるとなかなか難しそうですね〜

今のところ、いかにお金をかけずに製作できそうかいろいろ考え中ですが、実際に作り始めるかどうかはまだ未定です。
(ー'`ー;) ウーン
posted by シーグラス at 12:10| Comment(4) | ・ギター製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。